多くの建物

マンションの魅力

並べたお札

金融緩和政策によって、現在は歴史的な低金利状態となっています。
そのため、銀行に預金をしていてもほとんど利息がつかない状況となっています。
一方、消費税の増税や社会保障費の負担増など、現役世代の負担は増加している傾向にあります。
年金の支給年齢や将来の支給額についても、現在の世代ほどもらえない可能性が高いといわれています。
そのため、各自がしっかりと資産運用などを行い、自分自身で老後の資産を確保していくことが重要になるといわれています。
資産運用の投資先として、家賃収入によって安定した収益を狙える不動産投資に対する関心が高まっているといわれています。
家賃相場は株式ほど価格が変動しないというメリットもあります。

一方、不動産は購入にあたって多額の費用を必要とするというデメリットもあります。
また、新築の投資物件は高額になりますが、地方の中古物件であれば格安で購入できるケースもあります。
そうした物件を購入してリフォームを施すことによって、大きく資産価値を上げられる可能性もあります。
また、不動産投資信託であるREITに投資を行うという手法もあります。
一般的に不動産の場合は流動性が高くなく、換金に時間がかかるというデメリットがあります。
その点、REITであれば少額から投資が出来るうえに、容易に市場で売却が出来るというメリットがあります。
それぞれの手法について、事前にメリットデメリットをしっかりと把握したうえで行うことが重要になります。