多くの建物

もう1つの仕事

そびえるマンション

低金利の現在、銀行にお金を預けててもなかなか利益が出ません。また、株は、リーマンショックなどがあると一気に価値は下がってしまいます。
そんな中で安定した投資として注目を浴びているのがマンション経営です。マンション経営の場合、家賃収入が利益となります。
そのため、いかに人気の物件を賃貸に出せるかがポイントです。空き家が多ければ、その分、利益は下がってしまいます。
そのため、利便性の良さがポイントとなりす。駅近物件は人気です。
また、都心では、駅近でも2路線以上の路線がある駅は人気です。また、コンビニ、病院、スーパーなど近くにあるかないかでも変わってきます。
マンションの設備も肝心です。共有部分のサービスも重要なポイントとなります。

そんなマンション経営ですが、工夫することで得られるメリットは、まず、自分が所有する物件を管理してもらう業者の選定は大切です。
しっかりと、いたせりつくせり管理してくれるところと、ある程度所有者が管理しなければならないなど様々です。
また、マンションは、ワンルーム物件にするのか、ファミリーユース物件を管理するのかによっても利益の出方が異なります。
ワンルーム物件の方が入居者が決まるタイミングがファミリーユース物件に比べてすぐに決まるので、空き家の時期が短くなるケースが多く、コンスタントに利益が得られる仕組みとなっています。
しかし、ファリーユース物件の場合、子供の学校などの関係でなかなか引越しができないなど、1つの物件に長く住んでくれるメリットもあります。
自分がどのように資産運用したいかによって購入する物件の基準も異なってきます。